バナー:セルムについて
バナー:英語教育発想の転換
バナー:セルムの教材
バナー:会員制度について
バナー:セミナー&ワークショップ
バナー:よくある質問
カードで遊んで英語大好き!B.B.カード

夢中になって遊んでいるうちに、自然と英語が身につく!
そんな理想的な教材があるでしょうか?

答えは、YES。

”B.B.カード”はゲームをしながら、英語のリズム・文法・フォニックス・作文・会話の指導ができて、自分の言いたいことを英語で表現する力を養える画期的な英語教材です。

B.B.カードってどんなもの?

『B.B. カード』(LETTERS & SOUNDS 64)は、絵カードとそれに対応するセンテンスカード各64枚、計128枚で構成されています。右横にいる女の子Betty Botterちゃんのイニシャルから、B.B.カードと呼ばれるようになりました。

思わず口ずさみたくなるリズミカルな文章

各センテンスはマザーグースや英語の早口言葉を基に作られているので、韻を踏んでいてリズミカルです。聴いて真似をするのが得意な子ども達は、ゲームをしながら繰り返しセンテンスを声に出し、自然に英語の音とリズムを身につけます。

楽しく身につく英文法

子ども達は繰り返し遊んでいるうちに、センテンスを丸ごと全て覚えてしまいます。そうしたらオリジナルセンテンスの主語や目的語を入れ替えたり、時制を変えたり、疑問文、否定文に変えたりしながらゲームをします。子ども達はゲームの勝敗に集中するので、文法を学習しているという意識はまったく持ちません。このように運用する力をつけることにより、自分の言いたいことを英語で表現できるようになります。

自分でわかる、だから楽しい!

ゲームは語学学習にぜったい必要な反復練習を、飽きることなくさせてくれます。この反復練習により英語の言語野が育ち、覚えたセンテンス(先行知識)をたよりに、習っていない事柄でも自分で類推・推測する力がつきます。子ども達は「一方的に教えてもらって、ただそれを覚える」のではなく、「自分でわかる楽しさ」を体験します。この体験が、自発的に英語を学習したいという意欲につながります。

B.B.カードについて、さらに詳しく知りたい方に

毎月5日・15日・25日にブログを更新しています。B.B.カードの開発と狙い、小学校英語活動や民間の英語教室での使用例と子供たちの成長に関することなど、奥深いB.B.メソッドについて満載です。ブログはこちらから

お知らせ

2022.04.27   ゴールデンウィーク期間中は、暦通りに営業をいたします
2022.04.28【訂正】ゴールデンウィーク期間中は、5月2日(月)のみ営業します。5月6日(金)はお休みさせていただきます。